コーヒーとみもりんがあれば生きていける

くるにと(@kuruneet)の備忘録的な最終処理場

Mimori Suzuko Live 2017 「Tropical Paradise」幕張公演レポ

先々週の土日に千葉・幕張メッセイベントホールにて開催されたみもりんの幕張公演に行ってきた。

本当なら先々週のうちにブログを書いて起きたかったが記憶がごちゃごちゃになってたり帰省で忙しく、気付いたら2週間経過していた。

というわけで、かなり記憶が抜け落ちているので断片的にだがレポ記事を書く。

記憶を振り絞って書いているので殴り書きに近いがご容赦頂きたい。

 物販

今回は幕張公演限定のラバストと前日にGRAND REVUEペンライトが故障していたのが発覚したためTropical Paradiseペンライトを購入するために初日物販に並んだ。

9月上旬でまだ残暑がきついものだと思ってたら、台風接近の影響で天気がぐずつき、特に並び始めた朝9時時点では気温が20度を割り込み、さらに小雨が降り風も吹いて秋を先取りしすぎという感じだった。

当然それを知らない俺は普通の半袖で並んでたため寒さで震えることになる。

12時頃から日が射してきて気温が上昇するまでスポーツタオルをマントのように巻いて即席ポンチョを作って寒さをしのいでいた。

朝の寒さの影響か物販始まる1時間前から突然の猛烈な尿意で死にそうな思いをする。

ただ物販開始が15分早まり、割と早めに並んでたこともあってすぐに購入、近くのトイレに駆け込んで事なきを得る。

 

ライブ

みもライブ恒例の開場開演押し。ただし初日は開場が定刻通りで開演が12分押し、2日目は開場が5分押しで開演がほぼ定刻通り(2分押し)だった。

開幕曲は最近やたら推してきてる「ドキドキトキドキトキメキス♡」。

また、中盤にアンコール常連の「ユニバーページ」をぶち込むなどなかなかなセトリだった。

特に今回で初披露となった新曲「エガオノキミヘ」「Coloful Girl」なんだけど、「エガオノキミヘ」は両日ともにアンコール2曲目での披露。歌詞にわすゆ劇場公開版のサブタイトルがちりばめられていて歌詞センスに鳥肌。

「Colorful Girl」は途中の色替えが楽しい。というかほぼμ'sの「Super LOVE=Super LIVE!」と同じ。

後は時々トロッコでみもりんがアリーナやスタンドを周るんだけど、初日アリーナ、2日目スタンドの俺でもかなりみもりんと接近出来た。

特に2日目はみもりんとの距離が2mないぐらいで「三森すずこさんって実在したんだ…」ということしか感じなかった。あと肌が綺麗だった。

ライブの基本的なセトリは大阪とほぼ同じ。初日・2日目のセトリ違いも2日目にWアンコールの「ちいさな手と観覧車」が追加された程度。

ただそのWアンコールが観覧車だっただけに死んだ。マジで死んだ。とっておきとはまさにこれ。

 

 

ざっと感想を書いたけど、今記憶に残っているのはこれぐらい。というか印象に残ってるのしか書いてない。

内容が圧倒的に濃すぎるのよね。正直途中ユニペ以外何も覚えてないってぐらい。

なので終演後はマジで「無」って感じが強かった。

まあ10月にCSのTBSチャンネル1で今回の2日目が放送されるらしいのでそれでいろいろと思い出すだろうからその際にまた書くので今回はここまでとする。