kuruneetのメモ帳

kuruneetの備忘録的な最終処理場

ブログ向け近況報告

ツイッターアカウントを削除した関係で一昨日からブログの更新を本格的に再開したが、ブログ向けの近況報告をしていなかったので2019年9月以降のことをまとめて書くことにする。

 

【2019年】

9月に電子情報通信学会(IEICE)の聴講と旅行を兼ねて研究室の同期と大阪へ行った。

1日目は大阪大学で学会の聴講、2日目は大阪観光がメインだった。

特に2日目の大阪観光では海遊館前の天保山観覧車から京セラドーム大阪が見えたのが印象に残っている。

一度でいいからライブで京セラドーム大阪に行ってみたいなぁ…。

Aqoursが今年ドームツアー予定してるから京セラドームでやらないかと思っているけどコロナがね…。

 

11月3日には横浜アリーナで開催されたレヴュースタァライトの3rdライブに参加した。

物販に並んでいる最中に嵐のYouTube会見を見て春に北京公演・5月に国立競技場公演の開催、新曲「Turning Up」のリリースとかで一人高まっていた記憶がある。

まさか北京公演が中止に、5月の国立競技場公演(アラフェス2020)が延期になるとはこの時知るよしもなかったが。

ライブでは事前に第1部には出演しないとアナウンスされていた三森すずこさんがサプライズで登場して「願いは光になって」「Fancy You」などを歌ってたのを見て思わず泣いてしまった。

特に「願いは光になって」の『私たち誰一人欠けちゃいけない』の歌詞がかなり胸に響いた。

 

12月25日にはイオンシネマ熊谷に行き、東京ドームにて開催された「ARASHI Anniversary Tour 5×20」のライブビューイングに参加した。

嵐のライブ参加は初めてだったり、1曲目の「感謝カンゲキ雨嵐」で映像と音声が途切れるトラブルがあったりとバタバタしたライブだったが非常に楽しかった。

今まで声優ライブばかり参加してきたから嵐のライブを見てやっぱ国民的アイドルは違うなぁ…と痛感した。金のかけ方とかそういうレベルじゃなく、セットリストにもこだわりが見えた。

あと驚いたのがMCの頻度と長さ。声優ライブだと3~4曲毎に1回短時間のMCを挟むことが多いが、嵐は合間に1回長時間のMCを挟むだけということに驚いた。

 

12月30・31日にはコミックマーケット97(C97)に参加した。

今回は企業ブースには行かず、30日にラブライブ!・31日に男性向けというスケジュールで参加した。

比較的新築な南展示棟はきれいだけど導線がよく分からんことになってたりしてた印象があった。

そして真冬なのに暑い!ダウンベスト脱いだら濡れ雑巾みたいになってた。

 

【2020年】

1月には卒業研究の合間を縫ってさいたまスーパーアリーナにて開催されたラブライブ!フェスに参加した。

元々フェスには参加する気がなかったが、開催前日に機材解放席・見切れ席の先着販売があり、ここで2日目の機材解放席を確保して参加に至る。

ラブライブ!フェス2日目はAqours(未体験HORIZON)→虹ヶ咲(トキランやソロ曲)→Aqoursユニット→Saint Snow(SELF CONTROL!!、Believe Again)→μ's(ぼららら、僕今・ノーブラ・スタダ・僕奇・ユメトビ・キラセンのメドレー、スノハレ)→Aqours(届星、WBNW、みら僕、HPT、きみここ)というセトリだったが、とにかく最高に尽きた。

しかもμ's登場でまさかの俺号泣。泣きすぎてぼらららのコールまともに出来なかったことが悔やまれる。

 

2月まで大学の卒業研究をやっていたが、都合により2月初めに埼玉県深谷市から埼玉県さいたま市に引っ越した。

深谷市に住んでた頃はテレビは児玉中継局と前橋中継局を受信していた関係でTOKYOMXが視聴出来なかったが、さいたま市の物件はCATV対応だったのでデフォルトでTOKYOMXとtvkが追加で視聴出来る環境になった。

また、ラジオも深谷市ではAMはNHK東京・TBSラジオ、FMはFM GUNMANHK-FM前橋ぐらいしかまともに受信出来なかったが、さいたま市ではAMは在京民放(TBSラジオ文化放送ニッポン放送)・NHK東京、FMはTOKYO FMJ-WAVENACK5Fm yokohamaNHK-FM東京/さいたまが受信出来るようになった。

住環境としても申し分なく、また京浜東北線高崎線宇都宮線沿線なので電車アクセスも抜群である。

 

また、2月23日にはLINE CUBE SHIBUYAで開催された三森すずこさんのライブに参加した。

セトリとしてはシングル表題曲が少ない(グローリー!、チャンス!、会いたいよ…会いたいよ!、エガオノキミヘ)代わりにワンマンライブ未披露だったholiday mode(tulutu…、今日がずっとずっとを除く)の楽曲を中心として、合間に披露ご無沙汰な曲をやってる印象だった。

個人的にはグローリー!とチャンス!のメドレー、Swing of Loveの衣装、FUTURE IS MINE→Wonderland Love→Fantastic Funfairのご無沙汰曲ラッシュがかなり好きだった。

しかし、2月下旬は日本でも新型コロナウイルスの流行が出てきたこともあってか、マスク着用している人が多かったり、入場者全員にポケットティッシュが配られることがあった。また、みもりん本人もMCで「開催出来るか分からなかった」と言っていた。

そしてこの3日後にイベント自粛要請が出たのには血の気が引いた。

 

本来なら3月に遠足のレヴュー(名古屋)とみんデキに参加する予定だったが、コロナ感染拡大の影響で遠足は延期(振替公演未定)、みんデキは中止となった。

春休み期間中はずっと家にいた。とにかく暇で仕方なかった。

 

4月から晴れて社会人になったものの、やはりコロナの影響で出社すら出来ず。

そしてGWのコミケ(C98)と4月開催予定だったStarry Sessionの中止を知って落ち込む。

 

5月も出社出来ず(24日現在)。5月開催予定だったアラフェス2020と7月開催予定だったスタァライト新作舞台が延期になってまた落ち込む。

 

 

以上が近況報告になります。

1月まではよかったものの、2月以降はコロナの影響で虚無。

緊急事態宣言が首都圏でも近い内に解除される可能性あるけど、とっととコロナが終息していつもの日常が帰って来ることを切に願う。

「これからの10年もあっという間なんだろうな…」

どうもkuruneetです。

 

最近スカパー!に再加入して新基本プランに入っていてTBSチャンネルたまに見ることがある。

 

 

そんでこの前けいおん!!が再放送されていて、テレビシリーズとしては第2期最終話、アニメ全体としては映画けいおん!が2012年末に地上波放送(富山県)されて以来にけいおん!のアニメを見た。

 

 

最初、けいおん!!っていつ放送開始されたっけ?と思って調べたら2010年4月。ちょうど10年前。

 

 

そして俺が人生で初めてリアルタイムで視聴したアニメがけいおん!!

 

 

そう、深夜アニメのオタクになってちょうど10年経過である。

 

 

あの時のけいおん!!の勢いは持続性こそはラブライブ!に劣るも、瞬間最大風速としては圧倒的にラブライブ!に勝っていたと思う。

 

 

Mステ見てたらシングルランキング1位2位でOP/EDの映像流れてびっくりしたのを未だに覚えてるし、「放課後ティータイムⅡ」というアルバムがアルバムランキング1位取って喜んでたのもついこの前のように感じる。

 

 

ほんとに10年ってあっという間なんだなって。

 

 

10年前当時の俺は中学1年生。慣れない中学生活の中でアニメを通じてオタク友達(今でもたまに近況連絡したりする)と仲良くなれたのは俺の人生の中で本当にいい思い出の一つ。

 

 

確実にけいおん!!は俺の人生の転換点の一つといえるだろう。

 

 

2010年、つまり10年前にけいおん!!にドハマリしてアニメオタクになって、2013年の高校入学まで新作旧作問わずアニメを見まくっていた。

 

 

高校入学してからは多忙だったり精神的に参ってる状態だったのでほとんどアニメ見れず…。

 

 

しかし、中学時代のオタク友達からラブライブ!を勧められてここでまた人生の転換期を迎える。

 

 

ラブライブ!にドハマリしてライブに参戦(μ's4th・5thは地元でのLV)するようになって、今まで精神的にどん底だったのが生きる活力を貰えた。

 

 

それから留年危機とかあったものの2016年に高校を無事卒業し、大学入学。

 

 

μ'sファイナルライブを現地、つまり東京ドームで見届けてからは所謂現場オタクの要素が格段に増えていった。ここも一つの転換期といえよう。

 

 

2016年に大学入学してからは、とにかくいろんなライブイベントに参戦しまくった。

 

 

そのうち三森すずこに惹かれるようになってソロライブに行くようになったり、台湾公演を見るためだけに普通の土日に台湾に飛ぶなんてこともあったり。

 

 

そして現在。今は大学卒業して社会人をしている。

 

 

本当に10年ってあっという間だけど、あっという間に感じるほど色んなことがあったと思っている。

 

 

そして、これからの10年もあっという間なんだろうな。

 

 

タイトルの「これからの10年もあっという間なんだろうな…」はドラマ最後の約束櫻井翔くん演じる富澤友紀夫のセリフ。

 

 

これからの10年、俺はどう生きていくのだろうか。

 

 

ただ、それはあっという間に過ぎ去る10年の後に知るのでじっくり待つとしよう。

三度目の垢消し

どうもkuruneetです。

 

もう何回やってんだって思いますがツイッターのアカウント消しました。

 

でも今回こそは戻らないと言いたい。というか戻りたくないっていう気持ちの方が大きい。

 

 

今回アカウント消した理由としては、少し厄介な輩に絡まれちゃいまして。

 

元々豆腐メンタルな俺としてはクソリプ貰うだけで辛いのに罵倒10割なリプ来てしんどくなってアカウント消した。

 

たぶん俺は元々ツイッターに向いてない性格だったんだと思う。ていうかよく7年も続けられたな……

 

 

今までにも何回かクソリプ貰ったことはあったし、正面からクソリプと戦って相手からブロックされて勝利?したこともある。

 

ただ今の精神状態的に直接罵倒リプライ飛ばされるのは結構辛いし、罵倒リプライ一つで致命傷になってしまった。

 

 

そもそも最近のツイッターは見ていて非常に不愉快な有様で、1日に1回は嫌悪感感じてアカウント消そうかな…と思ってた。

 

そして今日のクソリプ

 

完全に俺の中で何かが吹っ切れた。

 

とりあえずクソリプで絡んできたアカウントをブロックしてアカウントに鍵かけてからアカウント消した。

 

 

たぶんもう戻ってくることはないだろう。今度こそは。

ようやく一段落?

推しが結婚して以来の更新になってしまった…。とりあえず私は元気です。

 

ここ数ヶ月非常に多忙に多忙を極めて(なくせにツイートする余裕はある)なかなかブログ更新出来なかったです。

 

4月からの出来事をまとめると、

 

4月…推しが結婚(前記事参照)、就活で多忙

5月…GW(帰省以外なにもせず)、就活終了(内定獲得)

6月…なんやかんやで忙しい

7月…スタァライトrevival、前期末の発表で死にかける

8月…夏休み(大嘘)、研究で忙しい

 

…といった感じかな。夏休みはほぼ研究室に入り浸ってましたねー。それ以外は月末に実家に帰省した以外どこにも行かず。アニサマは1日目のチケット当たったけどリセールに出した。

 

現在は少し落ち着いてようやくブログ更新出来るまでになりました。ただこれからまた忙しくなるというオチ。

 

ただこの数ヶ月間で一番大きい出来事は第一志望の企業に内定を頂き就活を5月中旬に終わらせられたことですかね。

 

サークル主将・バイト経験あり・理系(電電)と自分でも惚れ惚れするようなスペックだし第一志望以外中小ばかり受けてたから基本的に負け知らずな就活でした。

 

就活についてアドバイスするとしたら、「就活」として動き出すのは3月からでも十分間に合うけど、それ以前の「就活準備」は1年生からしなきゃキツいよね、ということ。

 

割とサークルやアルバイト経験は面接で深く突っ込まれることが多かったし、俺自身サークルの話が盛り上がって第一志望に内定貰いました。

 

とりあえずサークルとバイトは必ずやっておいたほうがいいと思います。欲を言えばサークルやバイトは珍しい物(自分ならサークルはアマチュア無線、バイトはホテルフロント)をやっておくと面接でめっちゃ盛り上がるし、面接官も興味持ってくれます。

 

あとは声は高めに(地声めっちゃ低いので…)出すとか、常に微笑むように口角上げるとかやってました。

 

 

あとはスタァライトrevivalも印象に残る出来事(?)でした。合計3回鑑賞したのですが、1回目が土曜日マチネ(一般席)、2回目が月曜日マチネ(スタァライトシート)、3回目が月曜日ソワレ千秋楽公演(一般席)でした。

 

特に印象に残ってるのが千秋楽より1回目・2回目でして、1回目の席が一般席なのにスタァライトシート至近の通路側で、さすがに舞台パートは若干の距離を感じましたが、ライブパートの「Bright!Light!」で小山百代さん・佐藤日向さん・小泉萌香さん・岩田陽葵さん・生田輝さんがすぐ目の前を通って一気に神席に化けたのが印象深かったです。

 

2回目の席はスタァライトシートで5列目でして、舞台パート開幕直後から舞台少女との距離近すぎてめちゃくちゃ緊張しました…。さらに殺陣シーンではすぐ隣を相羽あいなさんが走り抜けてめちゃくちゃいい匂いがしました^q^

また、ライブパートでは三森すずこさんが近くでずっと歌っていたのがめちゃくちゃ嬉しかったですね。

 

 

スタァライトの舞台が2020年に新作公演やると発表が千秋楽公演があったのでそれには必ず行きます。行ってみせます、自分星。

推しが結婚した

 アイドル、特に異性のアイドル(俺の場合はアイドル声優だが)を推していく上で避けては通れない道、それが推しの結婚。

 

俺自身去年1月に出た熱愛報道からある程度の覚悟は出来ていた。が、いざ現実で目の当たりにすると覚悟というものはあっけないもので普通にショックで落ち込んだ。

 

たかが1人のオタクが推しと付き合って結婚…なんて前世で相当徳を積んでない限り無理だし俺自身そんなことは望んでいない。

 

それが特にファンが少ない地下アイドルならまだしも普通にファン数多いアイドル声優だからそういった気持ちを常に持っていたし、そもそも推しはあくまで"推し"であり恋愛対象ではない…そういうスタンスでいた""つもり""だった。

 

 

 第一報を知ったのは忘れもしない4月12日の正午。

 

その日は午後から第2志望の企業の面接があっていつも以上に緊張していた。

 

面接が13時からで会場も電車+徒歩で30分の大学内だったので正午過ぎまで自宅でツイッターをぼーっと見ていた。

 

正午をまわってそろそろスーツに着替えるか…と思いいそいそと着替えているときにふとツイッターのタイムラインを見るとそこには「おい、すずこが入籍したぞ」「三森さんおめでとうございます!」…と突然のことに頭の処理が追いつかず誰のことか分からないまま着替えを続行していたがふと冷静に考えると

 

 

「それ俺の推しじゃね?」

 

と。

 

 

急いで推しのツイッターページを見るとブログのリンクとともに一言。

 

 

「皆様へ」

 

 

数々の声優やアイドルの結婚発表を見てきた俺からしたらこの3文字だけで疑惑から確信に変わった。

 

大抵アイドルが結婚発表や交際公表する時の常套句だからだ。

 

恐る恐るリンクを押す。

 

 

リンクの先には、見たくなかった文字列が羅列されていた。

 

 

とりあえずざっと読んでページを閉じる。

 

その後ツイッターでみんなの反応を見た。もちろんみんな祝福していたし、それが当たり前の反応だ。

 

だがそれがどうしても俺には受け入れられなかった。

 

時間も迫っていたので一先ずパソコンの電源を落とし自宅から大学へと向かう。

 

いつもと同じ道。いつもと同じ風景。

 

いつもと同じなのに、どうしても踏み出す足がひどく重く感じる。

 

何も考えられなかった。何も考えたくなかった。

 

これからどうすんだ?ソロ活動は?声優は続けるだろうけど、ソロ活動辞めたらどうすんだよ?それに今後産休とかもあるのでは?

 

何も考えたくない頭に無限に疑問符が湧いてくる。

 

 

 

面接までまだ時間があったので研究室に立ち寄った。

 

研究室に入るやいなや、同期の声優オタクが「おい、みもりん結婚したぞ!」と。

 

一瞬どんな反応をすればいいのか迷った。悲しめばいいのか、笑えばいいのか。

 

はたまた怒ればいいのか。喜怒哀楽が俺の中でぐるぐると渦巻いていた。

 

とりあえず俺は笑いながら「知ってるわ!」と投げやりに叫んだ。

 

俺の中では喜怒哀楽の楽を選んだつもりだったが、怒の感情が声から漏れ出た。

 

 

そんなやり取りをして俺は面接に向かった。

 

面接は非常に形式張った感じで、いろいろな質問をされた。

 

「志望動機は?」「自己PRをお願いします」「学生時代頑張ったことは?」

 

まだぼんやりしている頭でそれに答える。だんだん気持ちが沈んでくるのがわかった。

 

 

 

「趣味は?」

 

 

この質問で少し答えに詰まった。

 

俺の趣味?なんだっけ?

 

あ、ESでは「旅行」って書いたな…それ言わなきゃ…

 

「旅行です」と答え、その理由をお経のように唱える。

 

旅行…今思えば大学生活の旅行は推しがいたからだったな…

 

推しがいなければ1人で台湾なんて行くこともなかったろうな……

 

そんなことを考えてる内に面接は終わった。合否は1週間以内にお知らせするとのこと。

 

面接が終わり、緊張は解けた感覚がする。

 

しかし、心のどこかが欠けている感覚がしてもどかしい。

 

 

帰ろうとしていると急に飲み会に誘われた。即決で参加した。

 

酒の力を借りて忘れようと思ったからだ。

 

実際に飲み会ではベロンベロンに酔うまで飲んだ。

 

その間だけは推しのことは忘れて楽しい時間だった。

 

 

 

翌朝目が覚めてツイッターを見ると、やはりその話題でまだ盛り上がっていた。

 

時間が少し経ったからか、心にぽっかり穴が開いた感覚こそは取れないものの、推しの結婚をどこか他人事のように感じるようになっていた。

 

 

へー。結婚したんだあの人。おめでとー。

 

 

まるで俺が俺ではない別人のように感じた。

 

 

 

寝起きからしばらく経ってだんだん意識がはっきりしてくる。

 

 

散々考え抜いて、俺の考えとしてまとまったのが。

 

 

 

「結婚おめでとう。俺はあなたを推していて誇りに思います。」

 

 

「でも俺はあなたから離れるかもしれない。嫌いになるかもしれない。そんな俺を許してほしい」

 

 

 

これが俺の出した答え。

 

そしてここで冒頭に戻る。

 

『そもそも推しはあくまで"推し"であり恋愛対象ではない…そういうスタンスでいた""つもり""だった。』

 

そう、俺はあくまで恋愛対象としては見てないと思い込んでいた。というより思い込まなければ耐えられなかった。

 

推しは凄く整った顔をしている。さらさらな髪をしている。かわいい声をしている。ライブを見ているとすごく練習したんだな、と感じられるぐらい努力家。ハードなスケジュールもこなせる頑張り屋。

 

惚れないわけがない。

 

俺はその事実に何年も目を背けてきた。

 

ただのガチ恋おじさんじゃねーか、と思ってしまう。

 

ガチ恋を恥じるとは思わないが、届かない星に向かって手を伸ばしてもつかめないものはつかめない。

 

俺はそんなことをしていながら嘘をついてきた。

 

そんな自分に嫌気が差した。死んでしまえとすら思う。

 

俺は今まで嘘をついて推しに向き合ってきた。

 

そんなことをしてでも推しが好きだった。

 

推しが俺のすべてだった。

 

 

推しが誰かのものになってしまった今、とてつもない不安感に襲われる。

 

この何年間、推し中心に生きてきた。イベントも行けるだけ行ったしワンマンは全通もした。海外公演にも行った。

 

でも今の俺に推しを推せるのかわからない。今の俺が推しを応援しても失礼になるのではないかと考えてしまう。

 

 

 

だからもう少し時間が欲しい。考える時間を欲しい。

 

あなたから離れるかもしれない。嫌いになるかもしれない。もう興味も示さないかもしれない。

 

でも今後もあなたを応援し続けるかもしれない。

 

そんな俺を、どうか許してほしい。

20卒就活解禁しましたね(激遅)

 どーもkuruneetです。

 

ついに20卒就活解禁されましたね(2週間前に)。

 

私自身20卒の大学生で院進はしないので例に漏れず就活開始です。

 

つい昨日1社目の会社説明会受けてきましたよ。ちなみにメーカー。というか基本的にメーカーか設備メンテナンスぐらいしかエントリーしてない。

 

昨日の会社説明会は東京都内の中規模メーカー。その日説明会受けていたのは私含めた男3人と女性1人でした。

 

メーカーなだけに男性陣はみんな技術職希望かな?と思ってたらまさかの私以外全員営業職希望。この時少し焦った。

 

説明会は事業内容と募集内容説明→先輩社員との座談会という流れ。座談会が一番きつかった。なんだって技術職私一人なんだと。

 

座談会では技術職の人に3つほど質問したけどどれも頓珍漢な質問して猛反省案件。(「工場までは自動車通勤ありですか?」「資格取らなければいけない業務はありますか?」「製品のカテゴリーごとに部門は別れてるんですか?」)

 

ちゃんと説明会行く前に聞きたいこと何個か固めておいたほうがいいですよほんと。

 

座談会の後は必要に応じてエントリシート(というかほぼアンケート)に記入して提出してバイバイ。一応ES提出はしてその後すぐに一次選考の案内来ました。

 

 

 

まだ会社説明会1社行っただけですけど就活疲れますね。主に精神的に。

 

なかなか自分のやりたいことと希望条件をすり合わせるのが大変。

 

就活開始当初は「完全週休2日!休日120日以上!勤務地東京都!」と技術職からすると相当傲慢な条件で探していたのですが案の定思うような企業見つからず。

 

一応メンテナンス業(いわゆるビルメン)で勤務地東京都な企業がいくつかあったので来週は3社説明会行ってきます。

 

なので今は勤務地関東・中部・近畿をメインに探しています。まだ休日は捨ててないです。

 

 

あと就活開始当初は現場やイベントをできる限り抑えて就活一辺倒!と考えたのですがまあ精神もたないのでこれは完全にやめました。

 

元々まともな企業は土日に説明会や選考やらないので(やる企業もありますが)基本的に土日は空きます。なのでそこにバイトや現場ぶっこんでいきましょう。

 

ちなみにこの記事書いてる日の夜からは夜勤バイト、バイト明けてからは三森すずこのリリイベです。

 

また今月末には土曜日みんデキ川崎、日曜日スタァライトオーケストラライブ(中野)という本当に就活生なのかと疑いたくなるようなスケジュール組んでます。

 

 

あと時期的にそろそろみもりんの今年のワンマンライブ日程発表されそうな予感するのでライブまでには就活ある程度区切りつけたいですねー。

 

スタァライト舞台#2revivalが7月にあるので遅くてもそれまでには内定1つ欲しいな…!と思ってますが果たしてどうなることやら。